ベルギー陶芸便り

rihaya.exblog.jp ブログトップ

Alev Siesbye 陶展

 今、東京の南青山にある酉福というギャラリーでオススメの展覧会をやっています。
アレヴ・エブジア・シスビュさんという、パリにアトリエを構え、デンマーク国籍をもつトルコ人の陶芸作家です。
私は、ベルギーに来るまでこの方のことは知らなかったのですが、アカデミーの教授に是非一度見に行ってきなさいといわれて、個展を見にブリュッセルのギャラリーまで足を運んだことがあります。実用陶芸コースを担当する教授は作品のラインに対する目が厳しく、私が轆轤を回していると、いつもニコニコと近づいて様子を見に来てくれます。それでも作品に対する評価はシビアで、私の作る器を眺めながら、「このマグカップにはエステティック(美学)が感じられないねぇ。」なんてさらりと言われてしまったりすることも。
 そんな教授から勧められたこの作家。興味が湧いてきましたが、DMのはがきに載せられた作品の写真や教授からもらった資料からでは確かに美しいとは思うものの、教授の言うような美学をありありと感じ取ることは出来ません。
しかし、実際に実物を間近で見てみると納得です。
とてもシンプルな鉢の形なのですが、上から、下から横からとぐるりと見渡せば見渡すほど、気持ちよい緊張感の走る美しいラインなのです。(特に高台の形も見逃さないように)
 その彼女が、今回日本で初個展をするとのこと。
展覧会期間は来日していて、実際に本人にお会いできるチャンスもあるようです。
なんてうらやましい!
今回、日本語でのインタビューの記事も初めて読みましたが、その内容もとても興味深く彼女の人柄、ものの考え方にも納得させられてしまいました。

お時間のある方は是非、南青山まで足を運んでみてください。
ベルギーでは、ゲントのデザインミュージアムに常設展示されています。

Alev Ebüzziya Siesbye 陶展
Exhibition of Ceramics by Alev Ebüzziya Siesbye
2005年10月13日(木)~10月29日(土)
[PR]
by rihaya | 2005-10-14 04:22 | 陶芸徒然
line

ベルギー在住陶芸家 津田梨早の活動・制作日記


by rihaya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31