ベルギー陶芸便り

rihaya.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:留学生活徒然'03-'07( 36 )

掘り出し物

今日は、久々に掘り出し物の本を発見してほくほくしています。

d0049017_4151949.jpg


オランダ語の本ですが、1945年以後の現代美術について
とてもよくまとめられている本(だそうです。)

今月に入って、現代美術の授業の試験課題が発表され
意外にハードなその内容を知って、内心どうしよう、どうしよう
と慌てていたのです。
レポートと口述試験。
レポートは10~20枚程度、
最低20冊以上の参考文献を使用すること。
*つまり、どっから引用してきたか分からないような
ネットのコピペはナシよ。ということ。

授業中、さんざん「この本は大変参考になる。」といっていた本。
図書館にあるとはいっていたけど、そんなの50人くらいの学生が
押し寄せたら早い者勝ちで借りられてしまう。

なんでも?いいから、とりあえず大筋の参考文献として使える本を
探さなきゃ、、と古本屋さんへ。

そうしたら、目にとまったこの輝く黄色い本!
これはもしや~!授業で説明していた本では!?
2週間ほど前に来たときは絶対無かった!

誰も横取りしないと分かっていながら、
すぐさま胸に抱いて誰にも取られないように確保していました。

中を見てみると、どうやらどこぞの高校の卒業記念として
卒業生にプレゼントされた本らしい。
しかしどう見ても、この本は新品。
興味がなくて、すぐに売ってしまったものなのでしょう。
なんてラッキーな!
価格も定価の半額で、迷わずレジに持っていきました。

同じ先生の授業を取っていた1年生のときも
なぜか同じ古本屋さんで、先生が一番オススメしていた
美術史の本がぽんと見つかり、購入しています。
それ以後、同じ本を見かけたことは一度もないのに。

さあ、せっかくいい出会いがあったのだから
気合入れて読もう。
今週中に読まないと、レポート提出に間に合わない~。
[PR]
by rihaya | 2006-12-15 04:42 | 留学生活徒然'03-'07

作品を踏む

昨日は、学校の研修旅行でドイツ・デュッセルドルフへ日帰りで行ってきました。

4つの美術館のはしごで、体力的にはかなりきつかったのですが
色々な立体のコレクションを見ることが出来て充実した一日でした。

訪ねた中のひとつの美術館の常設展示で
アメリカの彫刻科、ミニマル・アートのカール・アンドレの作品があったのです。

彼の作品は、金属、石など、素材を加工しないでそのまま床に広げた作品が有名で、「作品の上を歩ける」のが特徴です。

d0049017_2394598.jpg

(*実際に見た作品ではありません)

ちょうど今、現代美術の授業を取っていて
その説明を聞いたばかり。
展示室で、その作品を見つけて「わ!」と
友達に目配せ。

私がよいしょ!っとわざと大げさに足を振り上げ
作品の上に踏み出そうとした瞬間!

「ダメダメダメ!これは芸術作品よ!?」
と監視員のおばさん。

えー?そんなぁ。と不満顔の私を見て
友達がドイツ語で
「これは踏んでもいい作品だと聞きましたが。。」
と助け舟を出してくれるものの
「そんなわけがない。」とご立腹。
気付けば、同じく授業を取っていたアカデミーの
学生達が周りに集まってきていましたが
私達が、どう説明したものか、、
と困惑している間も、小さな子が作品の上に乗ろうとして
「こら!そこの子!!ダメよ、どいて!!」
と注意する監視員に
これはダメだ、、とあきらめたのでした。

でも、本当に現代美術とは難しいもので
真の意味は、芸術家本人のみぞ知る。。ということも
あるんだなぁと知りました。

現代美術の授業の中でも、面白いことを言っていて
現代の美術作品には、契約書が必要。とのこと
契約書と作品のセットで、初めて作品といえるというのです。

例えば、現代アートの中には「ごみ袋が散乱したもの」
が作品だったり、ガラクタが集まっただけのもの、などあります。
結構最近もそれを間違って美術館の清掃員がごみと間違って捨ててしまった。
という事件がありましたよね。

教授はDan Flavinのネオン作品を例に取り説明をしていました。
美術館や収集家はこれらの作品を買い取ったものの
作品が電気製品であるため、いつかは壊れてしまいます。
そういったものをどうやって、修復、保存していくのか?
というのが大きな問題になったそうなのです。

d0049017_225866.jpg

蛍光灯が壊れた場合、
そのオリジナルの物自体を修理するのか、
当時使われていた60年代の、同じメーカーの蛍光灯を用意するのか。(しかし時が経過すればするほど入手するのは困難であり、壊れた時のことを想定してスペアをストックしておくのか?)
はたまた、それは重要ではなく新しいものと交換していいのか。

アーティストが生きているうちは、どうすればいいのか本人に相談できるので簡単なのですが、
死後、本人の意思を確認できる資料が見つからなかったら
その作品自体の保存が出来なくなってしまう。

こういった意味でも、「現代アート」が年代モノになったとき
その存続の可能性について、大きな問題が生まれているのです。
そこで考えられたのが「契約書」
作品の意味、保存、修復法など事細かな事を
あらかじめ、作家本人に確認しておくのです。

はっきり言うと、現代アートの中には
共感できない、くだらない、と思うことが多々あります。
時代背景、作品の真の意味など
私の勉強不足によるところもあるでしょうが
数百年後にも残るアートなのだろうか。。

陶芸という分野が、現在それらとはまったく別のレール上にあることは、
悲しい現状というよりはむしろ
安心するというか、嬉しく、誇らしく思うと言うのが私の気持ちです。
[PR]
by rihaya | 2006-12-13 23:15 | 留学生活徒然'03-'07

銀行の口座番号の秘密

 今、アカデミーで自営業者になるための知識を学ぶ講座を受講しています。
会社を興すに当たって必要な手続き、資金などをディスカッションを交えて学んでいく授業です。
今回の授業は、ファイナンス関係の導入編。
銀行融資のことについてなどを聞く中で、ひとつ面白いことを知りました。
口座番号の数字についてです。
ベルギーの銀行口座を持っているなら自分のカードを見てみてください。

xxx-yyyyyyy-zz

というように、3-7-2という風に数字が並んでいると思います。

はじめの3桁は、銀行番号。
000はPOST、073,074はKBC~だそうです。

次に続く7桁は個人番号。

それでは最後の2桁は?

これは、コントロールナンバーなのだそうです。
このはじめの10桁の数字を、ある数字で割ると最後の2桁が導き出されます。
その数字とは「97」
なんという名前がついていたかは、聞き逃してしまいました。

10桁の口座番号を97で割って出たあまりが、最後の2桁になるはずです。

実は、今回驚いたのはこの秘密よりも、、、
ベルギー人の計算能力。

この1問にゆうに15分ほどは与えられたかと思うのですが、
みんな「うーん、、」とうなったまま計算をする手が止まっている。
ベルギーで、どのような割り算の計算式を教えているのか
私は知りませんが、隣の子は不思議な計算式を書いて
あっちへこちょこちょ、そっちへこちょこちょと
いろいろな計算式を並べていました。

私が計算を終えても、みんな何やらうなって一向に計算が進まない様子なので
ひょっとして、私だけが質問の内容を間違って
違う事をしてしまったのかしら?と不安になるほど。
巡回してきた先生に、思わず
「私、ひょっとして見当違いなことしてしまったでしょうか?」
と聞いてしまいました。
結果的には、本当にこの10桁の数字を97で割るだけでよかったのですが
正解者はなんと、、、

27人中3人。

まさか!小学生の問題が…
あるとき、知り合いのベルギー人から
ベルギーでは掛け算20×20まで習うんだよ。
と聞いて、びっくりしたことがあったけど。。

そんなものなのかな、、ベルギー人。
先生も、この結果を予想していたようで
いかに計算機に慣れた世の中になったか~みたいなことを
説いていました。
今後、自分で帳簿をつけていくとしたら、、
なおさら心配ですね。
[PR]
by rihaya | 2006-03-06 08:40 | 留学生活徒然'03-'07

日本帰国

 1月中、ばたばたと試験勉強やら作品制作に加え、あるほかの試験を受けるために準備をしてきました。この試験のために、陶芸科の他の学生も巻き添えにして実技試験日を1週間前倒しにしてもらい、試験に応募するための出願資料の翻訳など友人に助けてもらい、家族も総出で巻き込んで無事提出した出願書。「書類不備は無効」との注意事項もあり受理されるまで少し不安もありましたが、無事試験受験のお知らせもきてほっとしています。
 そんなわけで今、日本にいます。おとといブリュッセルを出発し、昨日の昼ミュンヘン経由ルフトハンザ航空で帰ってきました。おいしいおそばが食べたくなって、成田から実家へ帰る途中の新宿でおそばを食べ、日本の深いお風呂に肩まで浸かってゆっくりし、本日は、もう十年来通うなじみの美容院で伸びきって痛んででいた髪を切ってすっきりさっぱりしたところです。
 試験のための帰国、という名目のもと、久々の日本を楽しみたいと思います。

 ところで、今日www.galeries.nlというところからメールがきました。
オランダのアーティスト情報・展覧会情報などを総括するサイトで、そこに私のページが加わったそうです。まだ準備ページのようなもので、簡単な紹介文しか載っていませんが、今後オーガナイザーと連絡をとれば写真なども掲載できるとか。どうやら、デン・ハーグで行われた作品展の宣伝効果?のようです。

そのページとはこちら。また、内容が充実してきたら続編をお届けしようと思います。
[PR]
by rihaya | 2006-01-30 22:58 | 留学生活徒然'03-'07

試験週間

 今週はアカデミーの試験週間です。
私は前期に試験のある学科はひとつしかないのですが、
しょっぱな初日の今日午前中に試験受けてきました。
人格心理学です。

2ヶ月前くらいからテキストは持っていたし、
試験に出される内容も大まかに提示されていたオープンブックテストだったのですが、、
なかなか直前にならないと準備できないもので
先週あたりからやっと重い腰をあげて
課題をレポートにまとめ始めて
結局昨日の夜遅くまでかかって仕上げました。

この試験に当たり、4つの課題が出されていて
1)心理学的観点からの自叙伝
2)家系図、家族史
3)ある人物について心理学観点から見た伝記の編集
4)テキストを熟読しておく。

1)~3)までは、できるだけ詳しくレポートにまとめておいて
どんな出題をされても対応できるようにしておくと良い、という
先生のアドヴァイスがあったので
ひとまず、この3つの課題に集中することにしました。

オランダ語でいきなり書こうと思うと、頭がこんがらがってしまうので
日本語でまず下書きして、内容検討。

下書きにそってオランダ語に翻訳していくのですが
日本語の言い回しにこだわると、オランダ語が大変なことになってしまい
オランダ語的表現で内容が伝わる文章を書くことを心がけます。
ネイティブチェックをしてもらったけど、
たくさん赤ペンを入れられて
「もっと考えて文章を書きなさい」と喝を入れられました。。
自分としては、去年レポート10枚を
1ヶ月以上かかって仕上げたことを考えれば
文章を書く速度も格段に上がっているし
辞書を使う回数も以前に比べて減り、
”オランダ語能力が確実にレベルアップしている”と思っていたから
ちょっとショック。
おまけに、「去年のほうが、ましな文章かけていたよね」
とまで言われてしまいました。

まぁ、付き合わされるほうにとってはたまらないかもしれないですね。
いやな顔せずに付き合ってもらっただけで感謝です。

そんな助けを得て、何とか3つの課題は準備万端?で
試験に挑んだのですが、テキストを熟読しておく、、ところまでには
いたりませんでした。
完全理解しながら読み進めて行くと
できるのはせいぜい1日に3ページぐらい。
伝記のレポートを書くに当たって必要なパラグラフは
読んでおいたのですが、フロイトについての章は、、、
眺めただけ。

試験内容は、ベルギー人にとっても簡単とは言えない内容だったようですが
私もさて、どうなるでしょうか。。
多くは望まないので、せめて合格点に達していれば。。と願うばかりです。
[PR]
by rihaya | 2006-01-17 06:21 | 留学生活徒然'03-'07

クリスマスケーキ

 今年のクリスマスは、ブルージュのパン屋さんでクリスマスケーキを買って迎えました。
d0049017_1512148.jpg

中に入っているフルーツムースが美味しくて、甘さ控えめでさっぱり食べやすく
すぐなくなってしまいました。もっと大きなサイズを買っておけばよかった!

 ということで、新年明けてまた買いに行ってしまいました。
d0049017_1553888.jpg

見た目からして美味しそうで、「わぁ。」とながめていると
お店のおねえさんも「きれいでしょ?!」とオススメ。

 この日は持ち帰りでこの丸いケーキを買ったにもかかわらず
横に併設されているティールームでケーキと紅茶を注文してさらに堪能。
店内の雰囲気も素敵です。
夏になったら一度テラス席に座ってみようと思います。

Tearoom Carpe diem
Detavernier

Wijngaardstraat 8
8000 BRUGGE
[PR]
by rihaya | 2006-01-12 02:08 | 留学生活徒然'03-'07

あけましておめでとうございます。

 大変遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今週からまた、アカデミーの授業も再開。
ブルージュ某所でののんびり生活からアントワープの学生生活へ引き戻され、試験や実技審査も現実に近づいてきました。。

 ところで去年、同じアパート内でのマイナーチェンジでほんの少し広い部屋に引っ越したのですが、暖房施設は前の部屋と変わらず小さな電気ストーブしかないので、今年の冬は石油ストーブを導入しました。
 実家に石油ストーブがなかったので、タンクに石油を補充するのは実は今日がはじめて。。
前2回は、「こうやってやるんだよ~」と人にやってもらっていました。
おなじみの石油ポンプ、赤いシュポシュポッというやつで、順調に補充していた、、はずだったのですが

やってしまいました。

タンクに付いている覗き窓に色がついて来たら上のフタをまわして石油の流れを止めて、、
とまった!時には
石油がダラーっと床に流れ出していました。。
くさいから気をつけて!と何度もいわれていたのに。
シャワールームのタイルの上だったので、被害はなし。

(いろがかわったなぁ~)
とゆっくり眺めている猶予はないのですね。
色が変わった瞬間に流れを止めないとあふれ出ます。
片手で簡単に上のフタをあけられるだろうと
甘く見ていたのも敗因のひとつ。。
電動式のはものすごく高かったので、手動ポンプでがんばります。
手動のものでも、日本なら100円以下で買えるのに
ベルギーでは3ユーロ前後でした。高っ!
日本で陶芸をしていたときは、釉薬の水抜き用として
使いこなしていたはずなのだけど。。

こんなアントワープ生活の滑り出しですが、
今年もがんばっていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by rihaya | 2006-01-09 10:00 | 留学生活徒然'03-'07

クリスマスまでのお楽しみ♪

 クリスマスを迎えるにあたっての、ミニプレゼントをもらいました。

これです。
d0049017_220364.jpg

"2006 for life" というロトです。

ベルギーにはたくさんの種類のロトがあって、
毎週抽選を行う数字あわせや
その場で結果のわかるスクラッチカード式のものなど。

日本では、宝くじなど買ったことはなかったのですが
ベルギーでは単価が安く楽しめるので
たまに、新聞屋さんへ寄ると買ったりしています。

特に気に入っているのは "Win for Life" というロト。
スクラッチカードで、上に隠れている二つの数字と
下に賞金とともに書かれている4つの数字のうち
ひとつが一致したら、そこに書かれている賞金がもらえるというもの。
5ユーロ・25ユーロ・100ユーロ等の賞金のほか
このロトの特徴は、"Win for Life"が出たら
命のある限り!毎月1000ユーロもらうことができる!!のです。

その、ささやかで堅実的?なコンセプトが気に入っています。

今回もらったのは、クリスマス特別ヴァージョン。
12月1日から26日まで、毎日小窓をあけていき
そこに記されているシンボルをカウントしていきます。

そして、プレゼントマークが10個出たら "2006 for Life" !
毎月2006ユーロ+αの賞金です。
ちなみに、一枚6ユーロでの販売です。

さて、今年はどうなるでしょうか?!
[PR]
by rihaya | 2005-12-22 02:35 | 留学生活徒然'03-'07

クリスマスカード

 オランダから手紙が届きました。

手紙をくれるようなオランダ在住の知り合いいたかな?
ダイレクトメール?
宛名の横に"Kunstenaar" (=アーティスト)と印字されています。


むむ。
もしや?

送り主は、この間(というか現在進行中の)展覧会の主催者
在オランダ・ベルギー大使からでした。
わぁ。手書きのサイン!?
と思ったら、もちろん印刷でしたが。。

d0049017_204619.jpg


Kunstenaarと言う肩書きも、大量にある名簿のカテゴリーわけに
過ぎないのだと思いますが、ちょっと嬉しくなりました。
良い記念です。
[PR]
by rihaya | 2005-12-21 20:47 | 留学生活徒然'03-'07

アボカド

 ベルギーに来てからの、ひそかなマイブームは種から植物を育てること。
しかも、実を美味しくいただいた後の種。

初めて挑戦したのは、タマリンドと言うタイ原産の果物の種でした。
育ち始めると、葉っぱの形がかわいくて
友達みんなに配って、「一緒に栽培しようね♪」と半ば強制的に
お付き合い願いましたが、2年目のベルギーの冬は越せず、、
50cmほどに育ったところで枯れてしまいました。

今、挑戦中なのはアボカドの種。
d0049017_10214263.jpg

芽が出るまでは、水耕栽培で
水さえこまめにかえれば簡単に育つ。

。。そうなのですが、芽が出る前に種が腐ってしまうことも
よく(?)あるそうで、そんな私も3連敗中。

今度の種は、発芽してくれるでしょうか…。
[PR]
by rihaya | 2005-12-20 10:24 | 留学生活徒然'03-'07
line

ベルギー在住陶芸家 津田梨早の活動・制作日記


by rihaya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30