ベルギー陶芸便り

rihaya.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:日本滞在06( 2 )

日本でのこと 2

 日本に帰っている間は、懐かしい友人に会いにあっちへこっちへ。

ベルギーへ戻る直前には、南青山にあるA.R.Iというカフェに行ってきました。
大学の先輩にあたる、パティシエのアリさんの作るスウィーツは絶品!です。

年に一度ほど帰国した時しか立ち寄れないから、足繁く通っているわけでもないのですが、あの時食べたチーズケーキ、前回試したおかずマフィンにデザートマフィン。幸せになる味です。

今回は、ベルギーに戻る前日に友人がヴァレンタイン用の贈り物をアリさんの所で買うというので私もついていきました。そこで目にしたホワイトチョコチャンククッキーが気になって、思わず購入。
人にあげるのを名目に、ちゃっかり自分も味見したら、、
あまりにも美味しくって!思わず記事にしてしまいました。
サイトを調べたら、レシピまで載っていました!
でも、自分はあの美味しさを再現できるだろうか…?

次に帰ったときもぜひ立ち寄ろう♪
皆さんもぜひお試しあれ。
[PR]
by rihaya | 2006-02-21 07:35 | 日本滞在06

日本でのこと 1

 楽しい日本滞在もあっという間に終わり、先週土曜日にベルギーに戻ってきました。
今回は、はじめてルフトハンザ航空を利用したのですが、経由地のミュンヘン空港では久々に厳しいセキュリティーチェックにあいました。
行きも帰りも、手荷物のエックス線検査ではパソコンをかばんから出して単体で通さなければならなかったり、抜き打ちチェックで別室に連れて行かれて手荷物全部調べられたり。
「食べ物持ってない?プレゼントとか入ってない?」と聞かれて、引っかかりそうなものは持っていなかったので「ありませんよ。」と答えると、疑るような目つきで中身を出してみろ。というので、「これは食べかけの(開封済みの)飴です。(空港で買った包み紙を見られて)これはティーシャツです。」とひとつづつ説明。
日本で買ったティーポットを手荷物で持っていたので、梱包されている物体が何なのか訊ねられ、ティーポットだと答えると、値段はいくらかと言うことまで聞かれました。高いポットだったら関税かけられてたのかしら?
20ユーロぐらいですよ。と答えたら、開放してくれました。
入国審査で、滞在目的を聞かれたのも久しぶりだった気がします。
「帰りのチケット見せろ!」と言われても、ベルギーへ戻ってくるほうが復路なんだから、他に見せるものはなく、、ベルギーに住んでいるんですよ。といっても、パスポートのハンコを全部チェックし始めたり。
「パスポートの後ろにベルギーのIDカードがはさんであるから」とIDカードも提示して、随分念入りにチェックされてやっと、「OK問題ないよ!」と通してもらえました。
ドイツ語話せないし、英語もままならないからドキドキしてしまいました。
いつものオランダ・スキポール空港経由が一番気が楽です。

ところで、今回日本滞在中にいつもお世話になっているうつわやさんにお会いしてきました。
何を隠そう今回、20KGの荷物の重量制限いっぱいに、スーツケースを器でうめて帰国したのです。それこそ、X線チェックで写ったスーツケースの中身は異様だったのでは。。と思います。
お会いした時の様子を記事にしてくださっています。
*うつわ日和*
学校でのオブジェ制作に加えて、うつわの制作にも励んでいきたいと思います。
[PR]
by rihaya | 2006-02-16 05:53 | 日本滞在06
line

ベルギー在住陶芸家 津田梨早の活動・制作日記


by rihaya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30